アクセス解析
レンタル掲示板

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも「卵」のそばに

最近色々な方から
「ブログ見てるよ」宣言を頂き
恐縮至極な11代目です^^;

昨日からキャッチャ・イン・ザ・ライを
読んでるんですが、訳を村上春樹さんがされている関係で
彼が今年イスラエルでエルサレム章という賞をとった時の
スピーチを思い出したので、sho_taさんのブログから引用して
和訳を紹介したいと思います。

結構長いですが、心を打つものがあります。

いつも「卵」のそばに 村上春樹

 本日、僕はここエルサレムに、
プロフェッショナルな「嘘」の紡ぎ手、
すなわち小説家としてやってきました。

 

 もちろん、嘘をつくのは小説家だけではありません。
政治家もまた、嘘をつきます(これは皆さんよくご存じですよね)。
外交官も、軍人も、機会さえあえば、中古車のセールスマンや肉屋、
建築業者であっても、彼らなりの嘘をつきます。
しかしながら、小説家のつく嘘は、彼らの嘘とは違います。
彼らが嘘をついた時のように不道徳だと責め立てられることはありません。
それどころか、小説家の嘘が器用であればあるほど、
世間や批評家たちからより大きな賞賛を得ることができるのです。


 これはなぜでしょうか?

 僕なりの答えはこうです。
つまり、小説家によってつかれた巧妙な嘘は、
あたかも本当のように見えるフィクションを作り出すことによって、
新たな場所に「真実」を導き出し、その真実に新しい光りを照らすことができるからです。

 多くの場合、「真実」をもとのかたちのまま理解し、
正確に表現することは事実上不可能です。
だからこそ僕たち小説家は、
その隠された場所から真実を誘い出して尻尾を掴もうとし、
フィクションの位置に移し替え、フィクションのかたちにそれを作り替えるのです。
しかしながら、僕たちがこれを達成するためには、
まず最初に真実が僕たちのどこに属するのかを、はっきりさせる必要があります。


 これが、上手に嘘をつくための重要な資質です。


 けれども本日、僕は嘘をつくつもりはまったくありません。
それどころかできるかぎり正直でいようと努めます。
僕にだって年に数日は嘘をつかない日があるし、今日はたまたまその日なんです。


 ですから今日は、どうか皆さんに本当のことを言わせてください。


 本当に多くの人々が、僕に「エルサレム賞を受け取りに行くな」と忠告してきました。
或る者は、もし僕が受賞するなら僕の本に対してボイコットを扇動すると警告さえしました。


 その理由はもちろん、ガザで激しく続いていた戦闘です。
国連のレポートによれば、封鎖されたガザ地区では
1000人以上の非武装市民――子供や老人たちが命を落としました。


 受賞の通知を受け取ってから、僕は何度も何度も自問しました。
「こんな時期にイスラエルにまで旅行して、
   文学賞を受け取ることは適切な行動なのだろうか?」、

「僕はどちらか片方を支えることになり、
  圧倒的な軍事力を行使する国策を是認したと思われやしないか?」。

 もちろん僕は、そんなふうに受け取られるのは御免です。
僕はどのような戦争にも賛成しないし、どのような国家も支援しません。
そしてむろん、僕の本がボイコットの憂き目にあうのを見たくはありません。

 しかしながら、熟考のすえ、最終的に僕はここに来ることを決心しました。
僕がここに来ると決めた理由のひとつは、
あまりにも多くの人々が僕に「行くべきでない」と言ったことです。
おそらくほかの多くの小説家と同じように、僕は天の邪鬼です。
多くの人々から「そこに行くな」、「それをしないでくれ」と警告を受けると、
そこに行き、それをしたくなる傾向があるのです。

 あなた方は「それは小説家だからだよ」と言うかもしれません。
そう、確かに小説家は特別変わった種族です。
この連中は、自分の目で見たもの、手で触ったものしか本当に信じることができないのです。


 それが今日、僕がここにいる理由です。

 僕は立ちすくむよりもここに来ることを、目を反らすよりも見つめることを、
沈黙するよりも語ることを選びとりました。

 これは僕がいままさに、政治的なメッセージを伝えにきた、という意味ではありません。
もちろん、あることについて正しいのか、間違っているかの判断をすることは、
小説家の重要な義務のひとつです。

 けれども、こうした判断をどうやって他の人々に伝えるかを決めるのは、
それぞれの書き手に任されています。
僕自身は、そういったことを物語、それも超現実的な物語に移し替えて示すことを好みます。
これが今日、僕が直接的な政治的メッセージを伝えないにもかかわらず、
皆さんの前に立った理由です。


 しかしながら、どうか皆さん、ここで非常に個人的なメッセージを送らせてください。
これは僕がフィクションを紡ぐ時、常に心に留めていることです。
僕はそれを一枚の紙切れに書いて壁にはっておくというよりもむしろ、
僕の「心の壁」に彫りつけられていること……それはこういうことです。

「高く、固い“壁”と、それにぶつかると割れてしまう“卵”があるとき、僕はいつも卵のそばにいる」

 ええ、どんなに「壁」が正しく、どんなに「卵」が間違っていようとも、
僕は「卵」のそばに居続けます。
どこかの誰かが「何が正しくて、何が間違っているのか」を決めるとき、
それはおそらく時間と歴史が決めるのでしょう。
けれどもし、どのような理由があろうとも、
壁のそばに立って仕事をする小説家がいたとしたならば、
その作品にはどんな価値があるというのでしょうか?

 このメタファー(暗喩)はいったい何を意味しているのでしょうか? 
それはいくつかの場合において、とてもクリアで単純です。
高く固い「壁」とは、爆撃機であり、戦車であり、ロケット砲であり、白リン弾です。
そして「卵」とは、それらに壊され、燃やされ、撃たれる非武装市民……、
これがその暗喩が意味することのひとつです。

 けれどもそれがすべての意味というわけではありません。
もっと深く考えることもできます。こう考えてはどうでしょう。
僕たちひとりひとりが、多かれ少なかれ「卵」なのです。
僕たちは唯一かけがえのない魂を内包した、
壊れやすい殻に包まれた卵なのです。

これは僕にとっての真実であり、皆さんにとっての真実でもあります。
そして僕たちはそれぞれ――多少の違いはあっても――高くて固い壁に直面しています。
その「壁」の名は、そう、「システム」です。
システムは僕たちを守りを固めるためのものですが、しかし時折自己増殖して、冷酷に、効果的に、システマティックな方法で、僕たちに殺し合いをさせるようし向けます。


 僕が小説を書く理由は、ひとつしかありません。
それは個々人の魂の尊厳を立ち表わせ、光りをあてることです。
「物語」の目的とは、システムが僕たちの魂を蜘蛛の巣のように絡め取り、
その品位を落とすことを防ぐために、警戒の光りをあて、警鐘を打ち鳴らすことです。

 僕は強く信じています。物語を書きつづること、
人々に涙や慟哭や微笑みをもたらす物語を書くことによって、
個々の魂のかけがえのなさをはっきりさせようとし続けること、それこそが小説家の仕事であると。

 僕の父は昨年、90歳で亡くなりました。
彼は教師をリタイヤし、たまに僧侶として働いていました。
彼が大学院にいた頃、軍隊に招集され、中国戦線に送られました。
戦後生まれの僕は、彼が朝食前に必ず家の仏壇の前で深く祈りを捧げる姿をよく見かけました。
ある時、僕は父に「なぜお祈りをするの?」と訪ねたところ、
彼は「戦争で亡くなった人のために祈っている」と答えてくれました。

 彼は敵味方の区別なく、すべての人のために祈りを捧げている、と語っていました。
仏壇の前で正座する彼の背中を見ると、僕は彼に死の影がまとわりついている、と感じました。

 そんな僕の父も、彼の語った思い出とともに死にました。
僕はもうその思い出を知ることはできません。
けれど、彼のまとっていた死の存在感は、僕の記憶に残っています。
それは彼が僕に遺してくれた数少ないなかのひとつ、そして最も重要なものです。

 僕は今日、皆さんにお伝えしたかったことはただひとつです。

 僕たちは誰もが人間であり、国籍や人種や宗教を超えていく個人であり、
システムと呼ばれる固い「壁」に直面する「卵」だということです。
どう見たって僕たちに勝ち目はなさそうです。
壁はあまりにも高く、あまりにも強く、そしてあまりにも冷たい。
もし僕たちに勝利の希望がいくらかあるとすれば、それはかけがえのない独自性を信じ、
自分と他の人々の魂とを互いにつなぎ合わせた「暖かさ」に頼るしかありません。

 少し考えてみてください。僕たちはそれぞれ、いまここに実態のある魂を持っています。
システムはそれを持っていません。
僕たちはシステムが僕たちを司ることを許してはなりません。
僕たちはシステムがひとり歩きすることを許してはなりません。
システムが僕たちを作ったわけではない。僕たちがシステムを作ったのです。

 これが今日、僕が皆さんに語りたかったことのすべてです。


 僕はエルサレム賞をいただいたことに感謝します。
僕は世界中の多くの地域で僕の本が読まれていることに感謝します。
そして今日ここで、皆さんに語る機会をもらえたことにもまた、感謝します。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1064909.htmlより拙訳

スポンサーサイト

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

読書感想プレゼン

実はこのブログを書いたら
すぐ市内に試験を受けに行く11代目です。

昨日は月1の直島さんの
読書感想プレゼンがありました。

プレゼン中

これは新卒の直島さん用に1年間
月1冊、僕や11.5代目が選んだ本を読んで
みんなの前で発表してもらうというものですが、
大きく3つの目的があります。

1.言いたいことを短時間でまとめる力を身に付ける
2.人前で発表することで度胸をつける
3.自分が思っていることを如何に相手に伝える力を身に付ける

最初は本を読んで色んなものを感じてほしいなぁと思ってたんですが、
それよりもせっかくだからみんなにも感じたことをシェアできればなと
思ってプレゼンをしてもらうようにしました。

プレゼン中

今回はカシータの高橋オーナーの著作
「お客様に真剣」ですか?―サービスの合言葉
を読んでもらいましたが、前回のプレゼンのフィードバックを
十分に活かした発表ができていて、すごく彼女の感じたことが
伝わって」きました。

自分の思っていることをただ言うだけでなく
如何に相手に「伝わる」ように話すかは
訓練が必要だとよく言われますが、このプレゼンは
伝える力を養ういい機会だなぁと思っています。

直島さんグッジョブ!!

theme : 仕事日記
genre : 就職・お仕事

【鹿児島市】夢一屋【ラーメン】

手相は思ったよりも奥が深いなと
感じている11代目です。

火曜日は1日講習と試験だったので
お昼は久しぶりの外食。

僕のラーメンの師匠、ろいまんさんのHPにのっていた
夢一屋が近くにあったので早速行ってみることに。

夢一屋

このお店は普通のかごしまラーメンとはちょっと違った凝り方をしていて、
奄美島豚という珍しい豚を使用してスープやチャーシューをつくっています。

メニューはしょうゆ、みそ、ピリ辛の中から選べるのですが、
看板メニューのしょうゆ味に煮豚をトッピングでオーダー。

特別ラーメン

早速師匠がうなったスープをすすると
さっぱりしたと思ったらものすごいコクが口いっぱいに広がって
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

思わずひとりでうなってました^^;

麺はこれまた珍しい細めんでスープがよく絡まって非常に味わい深いです。
しかも替え玉無料だそうで、しきりにおばちゃんが「替え玉どうですか~?」
と嬉しそうに聞いてきます。

チャーシューも味がしみ込んでいて
ビールのおつまみなんかにも最高です。

替え玉しようかどうしようか食べながら迷っていたら
気がついたらスープを全部飲みほしていました^^;

この衝撃は、豚とろ・南香ラーメン以来でした!!

やっぱり鹿児島はおいしいラーメン屋が多いなぁと
しみじみしていた11代目でした。

<お店データ>
奄美島豚ラーメン 夢一屋
鹿児島市谷山中央2丁目702-29
099-267-4008
昼:11:30~14:30
(日・祭日は、15:00まで)
夜:17:30~21:30
毎週水曜日(水曜日が祝日の場合木曜日を振替定休日)

theme : ラーメン
genre : グルメ

フラット50

朝はパンが多い11代目です。

本日より長期優良住宅の普及の促進に関する法律が
施工されますが、それに伴って住宅金融支援機構が
新たにフラット50を打ち出していました。

住宅金融支援機構といえばフラット35でしたが、
最長で50年ローンを組めるサービスを始めたということになります。

これは、長期優良住宅に認定された建物だけが
申請できるサービスですが、長い期間借りれるということは、
単純に考えると、今までよりたくさん借りても月々の返済額は
低くなる可能性があるということです。

もちろん返済期間が長くなるということは、
結果的に総返済額は増えるので要検討ですが、
国としては長期優良住宅をどんどん進めていくことに
なるでしょう。

住まいずとしても長期優良住宅への対応はもちろん
検討しているので、またブログかHPでご案内できればと思っています。

フラット50に関する詳しい情報は
コチラからどうぞ~

theme : クレジットカード・ローンカード
genre : 株式・投資・マネー

新人さんいらっしゃ~い♪

昨日席替えをして、
窓際族になった11代目です^^;

6月から住まいずは新しい期に入りましたが、
同時に久しぶりに新人さんが入ってきました。

坂元さん

志布志出身の坂元さんです!!

元々は放送関係の仕事をされていましたが、
「建築士になりたい!!」という夢の元
仕事を辞めて建築の学校に通って免許を
とってしまうというがんばりやさんです。

今回僕と一緒の営業の仕事をされるので、
今後みなさんの前にもちょくちょく出てくると思います。

会ったら暖かい声をかけてあげてくださいね♪

theme : 仕事日記
genre : 就職・お仕事

鹿児島初のスマートフォン

最近朝夕が暑くなってきたのを
感じている11代目です。

現在住まいずでは携帯でも個々人の
スケジュール管理をできるようにしているのですが、
それに合わせて機種も新しいものにしようと
5月に出たスマートフォンを試験的にC園さんに
持ってもらうことにしました。

スマートフォン

機能としてはかなり便利で、
携帯上でワードやエクセルも閲覧できるし
パソコンにつなげば無線LANにもなったりと
ビジネスに特化している分かなり効率的に
仕事ができそうです。

スマートフォン3

しかもauの人曰く、鹿児島で初めてスマートフォンを
導入したのは住まいずなんだそうです^^;

新しい分操作も今までと大分違い、
C園さんもかなり苦戦していましたが、
使いこなせればすごく仕事がやりやすくなると
喜んでいました。

元IT企業の11代目としても
スマートフォンはかなり欲しいので
早くポイントが溜まってくれるのを祈る日々です!!

theme : スマートフォン
genre : 携帯電話・PHS

体験宿泊

最近クレジットカードについて
勉強中な11代目です。

住まいずでは、木の家の心地よさを
直接体感して頂こうと体験宿泊を行っています。

展示場

展示場でもある「竹炭の家」を開放して
晩御飯と宿泊をセットでご提供しています。

・ぐっすり眠れた!
・木の香りが気持ち良かった
・新しい家のイメージができた

などなどお客様にも大変ご好評いただいています。

昨日もM様がお泊りになって、
僕も一緒に夕食を同席して
11時まで家や仕事の話で盛り上がっていました^^

事前予約が必要なので
ご希望の際には「展示場に泊まりたい♪」のコーナーまでどうぞ~

ちなみに昨日は久しぶりに飲んだ黒糖焼酎で
へろへろになったとはとても人前では言えません><

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

新築パーティー

暑さにやられ気味な11代目です^^;

昨日は先日お引き渡しさせて頂いた
お客様の新築パーティーにお呼ばれで
行ってきました。

焼き肉

新築もそうですが、施主の森園様には
テレビに出て頂いたり、展示会では講演して頂いたり
雑誌にも登場して頂いたりと多大な協力をして頂いています。

ここのお宅は、庭一面をデッキにしている関係で
かなりスペースがとれるので広々として気持ちがいいうえに

景観

桜島をバッチリ見える素晴らしいロケーションなんです!!

完成した時、ここでバーベキューできればと思ってたので
念願がかなってうれしかったです^^

おいしく焼肉を食べた後は、
室内でげっきんかごしまを見直したり
住んでみてからの家についての感想をお伺いしていました。

語らい

とても嬉しそうに家に満足していると
おっしゃって頂く森園様を見て
こちらも幸せな気分になりました。

この仕事をやって本当によかったなぁと
しみじみしていたやっぱりへろへろな11代目でした^^;

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

ショールームに行こう(ヤマハ編)

最近人との距離感について
色々と考えさせられている11代目です。

昨日はK様と一緒に
ヤマハのショールームに行ってきました。

入口

家の中に入れるキッチンやお風呂などを
見に行ったのですが、カタログで見るよりも
実物を見たり触るほうがわかることも多いので
とても勉強になります。

ショールーム内では説明用に様々な実験をやってくれて

実験3
実験①キッチンの耐久性を調べる実験

実験2
実験②フライパンの熱対策の実験

実験1
実験③お風呂の排水口の実験

などなど実際に使う際にも役立つ
実験をしてくれるので参考になります。

キッチン

最新のキッチンやお風呂を見るだけでも
ワクワクするので、楽しい時間を過ごさせてもらいました^^

theme : キッチン雑貨
genre : ライフ

哀川翔 子育て講演in霧島

先日展示場に来て頂いた
K様から哀川翔が霧島にやってくる
とのことだったので、早速霧島市のHPを
確認すると・・・

ありました。

哀川翔

さすが鹿児島が生んだ大スター
俺はいつでも全力親父
はすごい格好いいです!!

何か僕がもっているイメージとはちょっと違った
感じがしなくもないですが、展示場の有元さん曰く
かなり子育てにポリシーをもってやっているみたいで
お母さん達の中にはファンも多いそうです。

無料で行けるみたいなので
興味がある方は6月28日に是非行ってみてください^^

追記:整理券は当日のうちになくなってしまったそうです・・・

theme : 大切なこと
genre : ライフ

ニッキーズ入部

昨日11.65代目が鹿児島に帰ってきて
家がにぎやかになった11代目です。

運動といえば、たまに行くジムで筋トレしたり
走ったりするくらいだったのですが、
マミーズカフェのマミーさんに誘われて
バトミントンのサークル「ニッキーズ」に入部しました!

ラケットを持つこと自体久しぶりでどうなるかなと思ってたんですが、
練習は結構本格的でコーチが持ち方から教えてくれます。

今回はフォアの打ち方を習うということで
高い打点で打ち返せるよう基本フォームを
教わりましたが、これがなかなか難しい。

慣れない中なんとか言われる通りこなしていたら
実際にシャトルを使って相手と練習することに。

自分にとってバトミントンでは2~3回ラリーが続いたらと
思ったらすぐ落としてしまってすごく苦手だったんですが、
フォームを意識してやってみると

あら不思議

結構ラリーも続いちゃうんです!!

途中で落とすこともありましたが、
うまい具合にパーンと打ち返せると
すごい気持ちがいいんです!

2時間続けてたら体も
すごく疲れましたが、気分は
とてもスッキリしました^^

丁度自分が休みの日にあるので
これからも定期的に行きたいと思います♪

ニッキーズ
ニッキーズの素敵な仲間達(11代目は真ん中)

マミーさんお誘いありがとうございました!!

にしても筋肉痛が・・・(涙)

theme : バドミントン
genre : スポーツ

【かつおラーメン】香月【枕崎市】

未だに筋肉痛が続いている
11代目ですTT

昨日は枕崎市に敷地調査に
行ってきました。

隼人からだと車でも2時間半かかるので、
ほぼ1日がかりの日程でした。

だったらせっかくなのでお昼は
枕崎らしいものが食べたいな~と思い
見つけたのが

香月

かつおラーメンの元祖でもある香月さんです。

さすがかつおの街枕崎ならではのお店ですが、
オーダーはもちろん看板メニューの

かつおラーメン

かつおラーメン

かつおでダシをとったスープに
具も海苔やカツオ腹皮、かつおぶしなど
海の香りたっぷりのラーメンです。

スープは和風ラーメンのようなあっさり系で
飲みやすく、そこに鹿児島では珍しい細めんが
うまい具合に絡み合って(゚Д゚)ウマー!

ずるずるしていると女将さんが
「初めてだったら是非これも試してみて!」
と持ってきたのが

わさび

なんとわさび!!

とりあえず全部入れてスープをすすってみると
ぴりっとした辛みがこれまた(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
海苔もあいまってお茶漬けっぽい味わいになります。

これはご飯いれてもおいしそうですね~

人によっては、わさびのせいでおかわり
してしまう場合もあるとか・・・

最近はとんこつばっかりだったので
たまにはこういうさっぱりしたラーメンもいいですね♪


<お店データ>
元祖かつおラーメン 香月
鹿児島県枕崎市中央2
0993-72-0311
11:00-14:30
17:30-21:00
月曜

theme : ラーメン
genre : グルメ

温室効果ガス削減の中期目標

昨日の夜いきなり東京の友達から
「明日鹿児島行くね~」と急に言われて
おもてなしに悩む11代目です^^;

一昨日の日経新聞に
麻生首相が温室効果ガス削減の中期目標を
「05年比15%減」に決めたと発表がありました。

97年の京都議定書の時の目標が
「1990年比6%減」だったので大変そうに見えますが、
この時と同じ基準で今回の中期目標を見ると
「1990年比8%減」となります。

2020年までなのでなんとかなるかなぁと思わないでもないですが、
現実問題2007年の段階で1990年度基準の9%増になっており
その時点で今の中期目標を合わせると

「1990年比17%減」

を2020年までに達成する必要があるということになります。

現段階でも二酸化炭素の排出量は減っていないのに
この削減目標はかなり高い数字が出ていますが、
削減の為の施策を読んでみると太陽光やIHの導入など
住宅に関する項目が多いので、住宅業界への期待が
大きいことがわかります。

そこで住まいずとしては何ができてるんだろうと
色々と考えてみましたが、長くなりそうなので
次回まとめて書いてみようと思います。

久しぶりに真面目な内容な11代目でした^^;

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

第1回ニキニキ音楽祭

東京から来た友人に
「久しぶりに見たら柔らかくなったね♪」と言われて
ちょっと嬉しい11代目です^^

昨日は鹿児島の地域SNS「nikiniki」の
オフ会ということで国分のJJコーリングで
ニキニキ音楽祭というイベントに行ってきました。

ニキニキのメンバー内で音楽をやってる人たちの
演奏や歌を聴くという内容だったんですが、
皆さんとても上手でプロ顔負けというか本当のプロもいるくらい
濃かったです。

にきにき1
バンドの演奏があるかと思えば、

にきにき4
漫才っぽいのもあったり

にきにき5
今度デビューするデュオの歌声に酔いしれていたら

にきにき2
マミーさんがB'Zを歌いだしたりと
バライティーに富んだイベントでとても楽しませてもらいました^^

SNSはmixiを何年も前からやっているのですが、
地域SNSは初めてだったので初期のmixiのような
温かさを感じられてとても良かったです!

次回は11.5代目と何かやろうかなぁと
密かにたくらんでみた11代目でした♪

theme : ライヴレポ・感想
genre : 音楽

新プロジェクト!!

最近足湯の良さを知った11代目です。

一昨日の日記で、日本のCO2削減の中で
住宅業界にかなりの補助と期待がかかっているという
話をしましたが、具体的には

・太陽光発電の普及
・オール電化の普及
・省エネ住宅の普及


という感じになってきます。

住まいずとしてはこれらのこともそうですが、

・かごしま材の住宅利用

をより積極的に行うことがCO2削減に大きく寄与すると考えています。


地元の材料を使うことで、輸送コストも抑えられるし、
間伐材を積極利用することで、森の成長を助け
CO2吸収の効率を上げることもできます。

地元の木を使うだけで結構なCO2削減になります。

鹿児島には、地産地消の家バージョンでもある
地材地建という言葉がありますが、
まだまだかごしま材の利用は全体の数パーセントにしか
ならいのが現状です。

そこでかごしま材を使った住宅のPRの為に
とあるプロジェクトを立ち上げことにしました!!

詳細はまた後日報告します^^

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

えんもさん入賞おめでとう!

またまたこのブログ書いたら
試験に旅立つ11代目です。

いつもお庭でお世話になっている
en mo yukariさんが7日に行われた
ナマ・イキVOICEアートマーケットで審査員特別賞に
選ばれたということでお祝いがてら遊びに行ってきました。

かわいい

作品はこの丸っこいもので、
’free hill’という名前です。

芝生が生い茂っている物体で、
上に刺さっているのはone kilnさんで
作った花を形どった陶器です。

下には車輪がついていて
自由に動かせるという優れモノ!

子どもと
アートフェアではこれが子供たちに大ウケで
みんな動かして遊んでいたそうです(写真借りました^^;)

一般的に庭は、ある程度広さが必要だったり
動かせないというものでしたが、ちょっと発想を
変えればこんな面白いものが作れるんだと
すごく感心させられました。

こういうのであれば、マンションだったり
庭のスペースが取りにくい狭小住宅でも
緑を楽しめそうで今後の展開が楽しみです^^

えんもさん

山崎さんおめでとうございました!!

theme : ロハス&エコロジーライフ
genre : ライフ

【ラーメン】ラーメン一龍【鹿児島市】

最近のグルメネタはラーメンばかりに
なってきた11代目です^^;

昨日は住宅ローンアドバイザーの
講習で谷山に1日行っていた関係で
珍しく昼を外食することになりました。

どこで食べようかと考えていたら
偶然一緒の講習を受けていたろいまん師匠から
いいラーメン屋があるとのことで
行ってきたのが

一龍
ラーメン一龍さんです。

師匠曰く取材NG(個人ブログは可)とのことだったので
どんなラーメンが出てくるんだろうとドキドキしんがらオーダーしたのは

チャーシューメン
チャーシューメンです。

スープはさっぱりとんこつの王道系のお味で
麺はオーソドックスな中太麺でしたが、
しっかりとしたお味で箸もすすみます。

チャーシューはすごい厚切りで
下手なハム以上でしたが、しっかりと
肉汁があふれてきて(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

最近のチャーシューは脂身の部分が多いですが、
こちらは肉の部分が9割以上でとろみがないぶん
お肉のおいしさがダイレクトに伝わります。

ラーメン以外にも定食など豊富なメニューがあるので
他のものも挑戦してみたいです。

<お店データ>
ラーメン一龍
鹿児島市南栄5丁目10-11-102
099-267-7943
11:30-14:30、18:00-21:00
日祝

theme : ラーメン
genre : グルメ

地縄張り

実は今日から東京に出張な11代目です。

昨日K様の地縄張りに立ち会ってきました。

地縄張りとは、建築予定地に設計図に書かれた図面を
実際の長さに合わせて縄を張っていく作業です。

地縄張り5
↑が地縄です。

丁度昼過ぎで天気も良かったせいか
かなりの暑さでみんな汗ダラダラでした^^;

地縄張り1

僕も手伝いたかったのですが、ここは現場のプロにお任せして
K様と一緒に進行を見守っていました。

地縄張り3
ここは敷地がとても広い分色んな配置が考えられるので
皆であ~でもないこ~でもないと話をしていましたが、
これがなかなか楽しいんです^^

地縄張り2
ここの土地は目の前には川、後ろには林と
かなり自然に恵まれた土地なので、建物がどういうふうに
馴染んでいくのかかなり見ものです!!

早く完成した姿がみたいもんです♪


オマケ
地縄張り4

theme : 仕事日記
genre : 就職・お仕事

東京出張

この木・金で東京に出張に行ってきました。

今までは設計の人たちが主に研修で
行ってたんですが、営業としてもいろんなことを
吸収しましょうということで今回研修に
参加してきました。

講師のお話の中で、
今後の住宅業界は法改正やニーズの変化など
大変革が起きてくるとのことでしたが、
住まいずとしても時代の変化に柔軟に対応しつつ
これからもお客様に喜ばれる家づくりを
続けていければと思います。

東京は3か月ぶりでしたが、
鹿児島では車生活をしている分
久しぶりに歩き回って足が痛い11代目ですTT

theme : 自分のこだわり
genre : ライフ

【表参道】やさい家めい【野菜ダイニング】

気がついたら足にまめが
できていた11代目ですTT

今回は営業のS田さんと一緒に
出張に行ってきたんですが、
せっかく東京なのでどこで夕食をしようかと
考えいたらS田さんがさっぱりしたものがいいとのことだったので
表参道ヒルズ内のやさい家めいに行ってきました。

ここのウリはなんといっても全国から選りすぐられた
野菜の数々。
コンセプトが「野菜を美味しく食べて体の中から元気にキレイになる」
ということで色んな野菜を食べることができます。

定番ということでいつも頼んでいるのが

定番バーニャガウダ
バーニャガウダです。
濃厚なソースが、生野菜と抜群に合って
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

今月はトマト祭りをやっているそうで
たまごやき
写真ではよく見えないですが、トマト入りのたまご焼きです。
卵焼きの中にトマトという発想がイマイチイメージ付かなかったですが、
トマトの酸味がふわふわの卵にこれまたマッチして
(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!

そして占めはこれまた定番の
野菜カレー
野菜カレーです。

五穀米の上によく煮込まれたカレーと
様々な野菜を揚げて出されます。
揚げてもさっぱりしているのでとても食べやすいです。

食事のお伴は

ジンジャエール
自家製のジンジャエール。

生搾りでショウガの香りが口いっぱいに
広がります。

「こういう出し方は鹿児島ではなかなかないね!!」
とS田さんも喜んでいたので良かったよかったな11代目でした^^

<お店データ>
やさい家めい 表参道店
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館3F
03-5785-0606
11:00~16:15
17:00~23:00
無休 (表参道ヒルズに準ずる)

theme : おいしい☆
genre : グルメ

FMさつま

「君の良さはめげないところだね!」
と微妙な褒められ方をされた11代目です^^;

昨日は異業種交流会で知り合った方からのお誘いで
市内の交流会に参加してきました。

どんな交流会かというと
鹿児島で新しくFM局を開局しようという人たちの
集まりで、ミュージシャンだったりエステシャンや
クリーニング屋さんなどいろんな方がいらっしゃいました。

議論中

代表のかつやさんともFMのお話を
たくさん聞かせて頂いたのですが、

「鹿児島を盛り上げたい!」

という強い想いがビンビン伝わってきました。

しかもみんなそれを楽しんでいるというところが
すごくいい雰囲気を作っていて、初めての参加でしたが
とても楽しかったです。

パーソナリティー
パーソナリティーは現役大学生で、
将来的にアナウンサーになりたいからということで
直接かつやさんに応募してきたそうです。

そんな面白い人たちがいるFMさつまは
来年の開局に向けて準備をしているところですが、
個人的にも会社としても何かお手伝いができればと
思わずにいられなかった11代目でした^^

theme : コレッてイイかも~!?
genre : ライフ

父の日

クーラーが真上にあるのに
全く風があたらない11代目ですTT

昨日は父の日でした。

いつも父の日は鹿児島にいなかったので、
久しぶりということで11.5代目と3人で夕食に
行ってきました。

家族で外食というのはありますが、
3人でというのは今まであまりなかったので
仕事のことや家族のこれからなど
男だけで色んな話ができて良かったです^^

せっかくなのでプレゼントも色々と考えて

卓上扇風機
卓上扇風機を送りました。

というのも10代目の机にはクーラーの風が届きにくく
いつも暑そうにしていたので、少しでも涼しくなれば
いいな~と思ったからです。

本人も喜んでいたみたいなので
よかったよかった^^

theme : 雑貨
genre : その他

12.5代目誕生!!

雨と風が強くて昨日は断続的な
停電にでくわしてしまった11代目です。

11.5代目の日記でもありましたが、
昨日待望の12.5代目が誕生しました!!

12.5代目
かわいい男の子です!

28日の予定日だったので、ちょこっとだけ早い
出産ということになりましたが、何事もなく無事に
生まれてくれました♪

自分もついにおじさんになったんだなぁと思うと
感慨深いものがありますが、やっぱりどれだけ見ていても
飽きないですね~

おしゃぶり

ヒョンちゃんお疲れ様でした!!

theme : こどもと一緒に♪
genre : 育児

表皮水泡症治療への署名のお願い

表皮水泡症という病気をご存じでしょうか?

「表皮水疱症は、全身の皮膚や粘膜がちょっとした接触や刺激でも
 簡単に水疱やびらん(皮膚がむけたりただれる状態)ができるという遺伝性の難病です。
 国内の推定患者数はおよそ1,000人。今日、根本的治療法はなく、生まれた時から生涯を通じて、 
 日々、全身の皮膚処置の手当てを施すしかありません。
 遺伝子異常の形式により病型や症状は多様です。
 重症型になると爪や歯の形成異常も見られます。
 さらに、皮膚再生の繰り返しで起こる四肢の癒着や皮膚腫瘍、
 消化器系や内臓等の粘膜に障害がおこり、結果、さまざまな機能障害や栄養障害をきたします。」      (患者会HPより)

表川水ホウ症

写真は鹿児島市に住むじんぐゆうた君で、この表皮水泡症を持ち、
ご家族や周りのサポートの元がんばっています。

皮膚処置の手当には大量のガーゼを必要とするのですが、
一般的なガーゼは交換する際に、傷口に一部が付着してしまうなどして
患者に大きな苦痛を与えます。

そうならないような「痛くないガーゼ」としてシリコンドレッシング材の
ガーゼがあるのですが、薬事法の認可がされず、個人購入のため
家族に多大な経済的負担がかかっているのが現状です。

リンク先の患者会に加入しているのは40家族程度で、
なかなか声が国にまで届かないので、今回署名活動にふみきり
全国的に表皮水疱症への認知とシリコンドレッシング材認可の
働きかけをやっていくとのことでした。

僕も知人から聞くまでは全く知らない病気でしたが、
少しでもできることがあればと思い署名させてもらいました。

住所などは必要なくただ名前だけ書けばいいので
ギャラリーに来て頂いた際などはご案内することがあるので
ご協力お願いいたします。

また、下記HPからも署名の紙はダウンロードできるので
ご協力して頂ける方は、随時お願いいたします。

表皮水疱症友の会 DebRA Japan
 http://www.ne.jp/asahi/eb-japan/com/

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

懐かしいモノ

実はこれでこのブログも250回目になった11代目です。
何かあっという間ですね^^

一昨日前の会社の上司から1通のメールがきました。

「懐かしいものを共有します」

というタイトルに何だろうと思いながら
添付ファイルを開いてみると、
そこには

営業スキル向上委員会

70P以上もの文章が並んでいました。

これは、入社して最初の3か月間、元上司(当時は1同僚)と
同期数人とでやりとりしていたメーリングリストで、
自分たちのスキルアップの為の情報交換に使っていました。

最初は「懐かしいな~」とすらすらと読んでいたんですが、
途中から自分の文章を見る度に涙が止まらなくなってしまいました。

そこには、ほんの3年前の自分なのですが、
入社したてでわからないことだらけでも、何とか頑張って
前に進んで行こうという姿がありました。

そして、当時の楽しかったことや苦しかったことなど
色んなことが思い出されてきました。

上司にしこたま怒られて落ち込みながら帰った夜のことや
目標達成してチーム全員で祝宴で盛り上がったこと、
「何で自分はこんなにもできないんだろう?」と会社のパソコンの前で
深夜自問自答していたことなどなど・・・

挙げればキリがないですが、
そんな頃の様々な経験が積み重なって今の自分の
成長に繋がっているんだなと、ものすごく実感しました。

こうやって書いているブログを3年後や5年後の自分が読んだ時に
「あの頃があって、今の俺があるんだ」
と思えるようにこれからも精進していきます!!

theme : 気になるモノ
genre : その他

加工場改装中

前回の日記は記念すべき250回目だったのに、
書いてる途中のものをアップしまって大失態な11代目ですTT

昨日は東京からお客様がいらっしゃったので
展示場や加工場、社有林などを案内していました。

その中の住まいず、というよりグループ会社の
アリムラウッドワークの加工場は姶良町にあり
座卓を作られるお客様以外はなかなかお目に
かかる機会がないのでちょっとだけ写真をお見せします。

加工場2

昔はここで製材をしていましたが、今は簡単な加工や
材料倉庫として利用しています。

5月のバスツアーで加工場を見学されたお客様が
とても喜んでいらっしゃったので、今後はツアーやOB案内などに
加えて見学をご案内できればと思っています。

それに伴って改装も急ピッチで行われており、
メインの加工工場も

加工場1
2階部分を作って、材料を上にあげたので
大分すっきりしてきました。

改装が終わったら、
またツアーや個別にご案内もしたいと思っているので
楽しみにしてくださいね^^

theme : 今日の出来事
genre : ニュース

オールかごしま住まいのネットワーク

浅野忠信がDJもやっていたということを
昨日知ってちょっとビックリな11代目です。

鹿児島には「地材地建」という言葉があります。

これは、県の林務課の方が考えた言葉で
地産地消の木材バージョンで、
「地元の木で地元の家を建てる」という意味です。

住まいずの家づくりもこの考え方に
のっとって行っていますが、
木材以外の素材もなるべく地元のものを使って行こうということで
この度新しいグループを設立しました。

その名も
オールかごしま住まいのネットワーク
です。

設立書

「かごしまの材料と鹿児島の職人の技術でかごしまの家づくりを」
を合言葉に集まったのは、左官さんや畳職人さん
ガーデンデザイナーにインテリアの作家さんなどなど
多種多様な人たちです。

設立総会

昨日は設立総会ということで、弊社展示場に
皆さん集まってお話をさせて頂きましたが、
「こういった試みは見たことがない!」
と皆さんワクワクされて盛り上がった総会になりました。

今後は各種PRイベントなど積極的に行っていきますので、
どうぞご期待下さい^^

theme : プロのお仕事
genre : 就職・お仕事

8年経った木の家の大見学会

口ぐせは「だ~いじょうぶ!」な11代目です^^

展示会
この写真は住まいずの展示場ですが、
実はもう8年前の家です。

「木の家を広めたい!!」
という10代目の想いが詰まった家で、
たくさんの方に見て頂いたり、体験宿泊を
して頂いたりと今でも大活躍な展示場です。

今回、新しい展示場の建築に伴い
展示場をお譲りすることに決定しました!!

それに伴って
「8年たった木の家の大見学会」を
7月4~5日に行いますので
この機会に見学にいらっしゃいませんか?

見学会といえば、新築がメインになることが多いので
年数がたった家の経年変化や匂いなど
みるチャンスだと思います。

それでは当日はお待ちしていま~す♪

詳しい情報はコチラ

オマケ
見学会
これは完成した時の写真で、
写ってるのはナント8年前の11代目(20歳)です!!!

「8年前から全く変わらないじゃん!」
と見る人全員に突っ込まれていますが・・・(汗)

theme : キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
genre : その他

薩摩の教え

基本的に焦るとロクなことが
おこらない11代目です^^;

昨日元上司のブログを読んでいて
当事者意識について書かれていたところで
色々と考えていたら、ふと思い出したのが

薩摩の教え」です。

これは、男の順序ということで書かれたものですが
今の時代男女関わらず共通した考え方だと思います。

<男の順序>
一、何かに挑戦し、成功した者
ニ、何かに挑戦し、失敗した者
三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
四、何もしなかった者
五、何もせず批判だけしている者


僕の中では、この薩摩の教えは行動指針の一つになっていて
時々思い出しては自分が今何番目にいるのか確認してます。

挑戦することに何よりも価値を置いているところが
なんとも鹿児島らしい言葉ではありますが、
現代社会でも十二分に通用する内容なので
個人的にはとても気に入っています。

久しぶりに読み直してみながら
いくつになっても挑戦し続けている自分でありたいなと
強く強く思った11代目でした。

theme : 働き方
genre : 就職・お仕事

食べられるサンゴ

最近叔父バカっぷりが板についてきた11代目です^^;

昨日C園さん宛に営業に来た方の話を
聞く機会があって商品を色々と見ていたのですが、
なんとも珍しい「サンゴ」を扱う会社でした。

サンゴたち

写真は、サンゴのおかしやらサンゴの水、サンゴご飯などなど
サンゴを特殊加工で粉状にして、おかしや水にふりかけたものだそうです。

味としては別に普通のものと変化はなかったですが、
水に入れればミネラルウォーターになったり、お風呂に入れれば
温泉並みになるとのことで興味津々でした。

また何で健康食品の会社が住まいずに営業に来ているかというと・・・

それはまだ秘密です♪

theme : 健康&美容とくとく情報
genre : 心と身体

プロフィール

11代目

Author:11代目
出身地:鹿児島県姶良郡
血液型:O型
生年月日:7月23日
趣味:旅行、グルメ、雑貨屋・家具屋・カフェ巡り、バトミントン
資格:住宅ローンアドバイザー
ミッション:good housing
makes everybody happy!
夢:オーロラを見に行く
  
高校卒業後韓国に留学し、
大学含め5年間滞在する。

途中休学し、1年間
フィリピンやカナダに
語学留学に行く。

帰国後は東京の
IT企業で2年間勤務。

福島や宇都宮で研修を受けつつ
2008年10月より鹿児島で
11代目生活スタート!!

人と出会うことが大好きなので、
気軽にお声掛けください^^

最近の奮闘記
カテゴリー
Twitter on FC2
月別記事一覧
コメントありがとうございます!
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。